お知らせ・イベント|News & Event

まるで台風

ここ雲見は昨夜は、大雨&大風で、警報発令!
まるで台風のようでした((+_+))

今朝の海は、そんな嵐の名残で、大波に。。。
制限付きのダイビングだったようですよ。

IMG_1131.JPG

今年はホント、天候に悩まされる年です。

猪捕獲

雲見の山の罠に、猪が掛かりました。

最近、畑が荒らされる被害が多く出ていたので、
農家の人はとりあえず、ひと安心ですね。

20180620s.JPG

でもお互い、命ある者同士。
人間の勝手で、駆除されてしまうのはやっぱり、複雑な気持ちです。
譲り合って生きていければ良いのですけどね。

20180620l.JPG

マリンダイビング8月号

雨の中今日は、ダイビング雑誌の取材があったようですよ。

IMG_1113.JPG

7/10発売の『マリンダイビング8月号』は、
ここ雲見の海特集だそうです。
ぜひご覧ください。

弁天島(ジオサイト)

~松崎町役場HPより抜粋~

松崎海岸の北端に弁天島という高さ30m程の小さな山があります。
元々は古代島(別名巨鯛島)と呼ばれる島で、海岸より橋を渡って往来した小島でしたが、
昭和42年(1967年)に江奈川かんがい排水改良工事により河口を島の北側へ開削したため、
地続きとなり、現在は岬状となっています。
99段の石段を登りつめた島の頂部には厳島神社(広島県安芸の宮島の分社)が鎮座し、
市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)が祀られており、大神(おおみかみ)は七福神の一神として
その名を弁財天として信仰され、古代から「弁天島」「弁天さん」と呼ばれています。
島を1周する約200mの遊歩道では、伊豆半島が南の海にあった頃に海底に流れ出した
溶岩の地層(水冷破砕溶岩)が見られます。
潮の飛翔を浴びながら5分ほどで1巡りしてしまいますが、素掘りのトンネルなどもあって、
短いコースの割にはスリルに富んだ遊歩道となっています。
岩場にはウバメガシ(備長炭の材料)が生い茂り、その群落は町の天然記念物に指定されています。
参道の傍らには、銭洲漁場の発見者の稲葉半七の顕彰碑があります。

外観
gaikann.JPG

参道入口
sandouiriguti.JPG

遊歩道
yuuhodou.JPG

水冷破砕溶岩
kyuureihasaiyougan.JPG

ぼたんきょう

用事で立ち寄った、知人宅には、
立派なぼたんきょうの木が!
20180616k.JPG

『誰も食べないから、もってかっしゃい』ってことで、
沢山頂いてきました(^v^)
20180616b.JPG

早速、甘く煮ました。
20180616pp.JPG

宿泊プラン・ご予約

お知らせ・イベントの一覧

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

Feed

西伊豆・雲見温泉「網元民宿はまゆ」Tel:0558-45-0727

〒410-3615
静岡県賀茂郡松崎町雲見359-2

西伊豆雲見・ダイビングサービスはまゆ

ページの先頭へ